langage change

出入國在留管理庁 Immigration Bureau of Japan

sp menu
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

入國審査官

入國審査官とは

入國審査官は,我が國を訪れる外國人の出入國審査,我が國に在留する外國人の在留資格審査,出入國管理及び難民認定法(以下「入管法」という。)違反者に対する違反審査及び難民認定に係る調査など各種の審査業務等を行うことにより,日本の安全と國民生活を守りつつ國際交流の円滑な発展に貢獻しています。

入國審査  

日本に入國しようとする外國人に対して,所持する旅券や査証が有効であること,日本で行う活動が入管法に規定する在留資格に該當し,本邦において行う活動が虛偽でないかを審査することで,円滑な國際交流の発展に寄與するだけでなく,日本社會の安全を脅かす外國人の入國を水際で阻止しています。

在留資格審査  

入國を認められた外國人が與えられた在留期間を超えて本邦に在留する,又は在留目的を変更して引き続き本邦に在留するための申請をした場合に,日本社會の利益や安全などに配慮しつつ入管法に定められた在留資格による活動に該當するかどうかを審査することで,外國人の在留の適正な管理に努めています。

違反審査  

外國人の一部には,日本に不法入國したり,在留許可の範囲を超えて本邦に滯在したりする人たちがいますが,我が國の安全や利益が害されることを防ぐため,そのような外國人を退去強制するのも出入國在留管理庁の仕事です。どういう場合に退去強制されることになるのかは入管法に定められており,退去強制事由に該當するかどうかを審査します。

入國審査官になるために

入國審査官になるためには,入國警備官採用試験のような獨自の試験は設けておらず,まずは人事院が主催する國家公務員採用一般職試験を受験し,最終合格した者の中から,各地方出入國在留管理局の面接を経て出入國在留管理庁職員として採用されることになります。當初は,法務事務官として採用されますが,勤務経験を重ねることにより入國審査官になることができ,そのための特段の試験はありません。

詳しくは,最寄りの各地方出入國在留管理官署の人事擔當者までお問い合わせください。

出入國在留管理庁総務課 〒100-8977
東京都千代田區霞が関1-1-1
(03)3580-4111
東日本入國管理センター 総務課
〒300-1288
茨城県牛久市久野町1766-1
(029)875-1291
大村入國管理センター 総務課 〒856-0817
長崎県大村市古賀島町644-3
(0957)52-2121
札幌出入國在留管理局総務課 〒060-0042
札幌市中央區大通西12丁目
(011)261-7502
仙臺出入國在留管理局総務課 〒983-0842
仙臺市宮城野區五輪1-3-20
(022)256-6076
東京出入國在留管理局職員課 〒108-8255
東京都港區港南5-5-30
(03)5796-7111
名古屋出入國在留管理局総務課 〒455-8601
名古屋市港區正保町5-18
(052)559-2150
大阪出入國在留管理局総務課 〒559-0034
大阪市住之江區南港北1-29-53
(06)4703-2100
広島出入國在留管理局総務課 〒730-0012
広島市中區上八丁堀2-31
(082)221-4411
高松出入國在留管理局総務課 〒760-0033
高松市丸の內1-1
(087)822-5852
福岡出入國在留管理局総務課 〒810-0073
福岡市中央區舞鶴3-5-25
福岡第1法務総合庁舎
(092)717-5420

採用パンフレット

入國審査官?入國警備官入庁案內

出入國在留管理庁職員に採用されたら

研修

入國審査官は,常に外國人と接するため,高い品格のほか豊かな國際感覚と必要な法律知識が求められ,優れた語學力も備える必要があります。

初等科研修: 採用後間もない職員に対して,基礎的な法律知識や入管職員として必要な実務知識を修得させるための研修で,全寮制により行われます。
研修後は,入國審査官の補助業務や一般事務に従事し,入國審査官として必要な知識と技術の修得に努めることとなります。

中等科研修: 採用後おおむね4年以上の職員を対象として実施されるこの研修では,より高度な法律知識の修得や実務の習熟を図るための講義?実習が行われるなど,中堅職員の育成を目的としたカリキュラムが実施されます。

語學委託研修: 語學學校の専門課程で英語,中國語などを學ぶ長期委託研修(3か月程度)のほか,勤務終了後に語學學校に通學する在勤地研修などが実施されています。

その他の研修: このほか,勤務年數及び役職に応じて高等科研修,管理科研修,特別科研修などの研修が実施されます。
また,國內外の大學に留學して研究を行う長期留學制度もあります。

研修施設: 茨城県牛久市に設置された法務総合研究所牛久支所は,出入國在留管理庁職員の研修を行う施設で,OA教室や體育館,運動場,宿泊設備を完備しています。

勤務條件?福利厚生

(詳しくは,人事院ホームページを御覧ください。)

給與

初任給: 一般職(大卒程度) 216,840円
一般職(高卒者試験) 178,320円

(平成31年4月1日時點の,東京都特別區內に勤務する場合の例)

このほか次のような諸手當が支給されます。

扶養手當: 扶養親族のある者に支給。子月額10,000円等

住居手當: 借家(賃貸のアパート等)に住んでいる者等に,月額最高27,000円

通勤手當: 交通機関を利用している者等に,一箇月當たり最高55,000円

期末手當? 勤勉手當:いわゆるボーナス

休暇

年20日間の年次休暇(4月1日採用の場合は,その年の12月までは15日)のほか,夏季?結婚?出産?忌引?ボランティア等の特別休暇,介護休暇や病気休暇があります。

福利厚生

住居: 公務員宿舎が全國に整備されているほか,民間の住宅に入居する場合には,住居手當が支給されます。

共済制度: 共済組合制度により,全國の醫療機関や宿泊?保養施設の利用に様々な便宜がはかられています。

在外公館勤務

出入國在留管理庁では他省庁との人事交流の一環として,職員を外務省に出向させた上,在外公館勤務に就かせ,査証(ビザ)発給事務などの実務や諸外國での生活を通じて,國際感覚豊かな職員の育成に努めています。

500彩票